第 1巻の最近のブログ記事

塚原会長に「新事業ではホームレスを10人雇え」と言われた花岡。

花岡はホームレスがたまっている場所に行き、赤玉白玉の抽選で誰を雇うか決める。

赤玉が当たり、白玉がハズレ。しかし、実際には赤玉しか入っていない。

ビジネスは理詰めの世界、突発的な行動はNG

塚原会長は花岡に、一緒にビジネスをやっているノブを切れと言う。

理由は、ノブが突発的な行動を起こすから。

起業家として必要な資質

塚原会長が花岡に「起業家として必要な資質」について語る。

「起業家として必要な資質」、それは「一生衰えないカンとセンス」。

事業で成功して金を持つと周りの人間がチヤホヤしだす。すると、いい気になって、商売そっちのけで付き合いに忙しくなる。

経営はスピードが命

塚原会長に1億円を投資してもらうことになった花岡。

ただし、1つ条件が。

それは、今の付き10万の赤字を出している居酒屋を、2ヶ月後に純利益で30万円の黒字にすること。

商売人として持つべき第一の極意

塚原会長が花岡に「商売人として持つべき第一の極意」について語る。

「商売人として持つべき第一の極意」、それは「嘘つきであること」。

ここでの嘘つきとは、詐欺師やペテン師になれということではない。

ここでの嘘つきとは、変幻自在にその嘘の状況に応じて、どうにでもシナリオを変えられること。

これは、嘘つきの才能がなければできない。

商売で絶対に失敗しない方法

塚原会長が花岡に「商売で絶対に失敗しない方法」について語る。

「商売で絶対に失敗しない方法」、それは「商売をしないこと」。

儲かる商売の三原則

プロボクサー引退後に居酒屋をはじめるが、なかなか上手くいかない花岡。

通信販売会社の会長で大金持ちの塚原に、「どうすれば、ここまで商売で成功するんですか?通信教育ってそんなに儲かるものなんですか?」と尋ねると、塚原会長は儲かる商売の三原則を説明する。

できる経営者が毎週
チェックしている雑誌


↑書店で一番売れているビジネス週刊誌!
定期購読なら最大49%OFFに!
毎週読んでいると世の中の仕組みが見えてくる!

漫画をまとめて安く買う

ネット本屋

相互リンクを募集中!

コミック全12巻

マネーの拳 1 (ビッグコミックス)

マネーの拳 2 (ビッグコミックス)

マネーの拳 3 (ビッグコミックス)

マネーの拳 4 (ビッグコミックス)

マネーの拳 5 (ビッグコミックス)

マネーの拳 6 (ビッグコミックス)

マネーの拳 7 (ビッグコミックス)

マネーの拳 8 (ビッグコミックス)

マネーの拳 9 (ビッグコミックス)

マネーの拳 10 (ビッグコミックス)

マネーの拳 11 (ビッグコミックス)

マネーの拳 12 (ビッグコミックス)