商売の原理原則の本道は「モノを作って売る」

Pocket

新事業としてアパレル業をやることを決めた花岡は、塚原会長に報告に行く。

事業規模が小さく、収益性も低いアパレルを選んだことを心配していた花岡だが、予想に反し、塚原会長は「アパレル、いいじゃないか」と言う。

その理由は次の通り。

「モノを作って売る」、これは商売の原理原則、まさに本道。

商売なんて、売れるモノを作って売る。それだけ。

肝心なのは、単純に人が欲しいと思っているモノを作れるかどうかという企画力だけ。

経済情勢や消費動向なんて関係ない。才覚さえあれば、どんな時代でも必ず売れる。

また、業種なんて関係ない。まずその世界で1番になることが未来の夢のはじまり。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

「モノを作って売る」「才覚さえあれば、どんな時代でも必ず売れる」「まずその世界で1番になること」

ふとユニクロを思い出してしまいました。

そして、自分にはどんな売れるモノを作れるのだろうか?と考えてしまいます。