人は戦う時こそ真の力を発揮する。戦わなくなったら組織は終わり。平和になったら企業は死ぬ。

Pocket

かつて買収を巡って激しく戦った大手総合商社のネットワークを利用しようとしたり、外資系ファンドからの資金を得たりなど、敵対する相手と提携しようとする花岡。

そんな花岡のやり方に、証券アドバイザーの牧は理解できずに混乱する。

花岡は牧に自分の考えを次のように説明する。

こいつらみんな、俺の首を狙っている。俺を倒せると思っている。

しかし、こういうやつは使える。だから、俺はこいつらと提携する。

リングには自分を信じているやつしか上がれない。

俺を倒そうと思っているやつは、リングに上がって俺と対決する覚悟があるやつ。

俺に勝てると思っている、自分をそこまで信じているやつしか、俺は仕事で組みたいとは思わない。

自分を信じないやつ、強い者に追従し、腹心を装い、なんの異議も唱えないやつに用はない。

つまり、俺は一度戦った相手しか信じない。戦わずして成長はない。

なぜなら、人は戦う時こそ真の力を発揮する。

相手をぶっ倒そうとする時にこそ、エネルギーを爆発させる。

戦わなくなったら組織は終わり。平和になったら企業は死ぬ。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

「人は戦う時こそ真の力を発揮する。」

確かに、その通りです。

つまり、戦うことを恐れてしまうということは、真の力を発揮するチャンスを失うということですね。

言うのは簡単ですし、頭では理解していますが、やるのは大変ってやつですね・・・。