自分で作って自分で売って川上から川下まで押さえれば、利益の全てを手に入れられる。

Pocket

花岡は社員たちに独自のブランドとして「Tシャツ専門店」をやることの自社の強みについて語る。

うちの会社は自分で作って自分で売る。

商売の原理でいうと、川上から川下まで押さえられる。つまり、利益のすべてを丸ごと手に入れられる。

儲けがすべて自社のもの。これこそ、商売の醍醐味。

そうではなく、完全に受注生産で加工代金収入しかないとすると、それは川の途中、つまり、ほんの一部をとっているにすぎない。

これでは、いつまでも大企業の下請けから逃げられない。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

ユニクロは今は自社生産ですが、昔は他メーカーから洋服を仕入れて売っていたんですよね。

でも、柳井社長が「自分たちが売りたい洋服とは違う。自分たちが売りたい値段で売れない。」というストレスを感じ、自分たちで商品を作るようになったと以前テレビで語っていました。

作る能力はあるけど、売る能力がない。売る能力はあるけど、作る能力がない。こういう会社は多いと思います。

しかし、「作る能力」と「売る能力」の入口と出口を両方持てれば、利益率が大幅に良くなるということですね。