自前で作って直接売る「通信販売」が一番儲かる理由

Pocket

タバコ屋のようなTシャツ専門店をやることを決めた花岡は、塚原会長に報告に行く。

塚原会長は、それはきっとうまくいくと言う。

なぜなら、商売の儲かる法則にのっとっているから。

自分で作って自分で売る店は、お客さんと販売店がダイレクトにつながっているから、商売にとっては最も効率が良い。

今の日本で一番儲かっている商売の業態は「通信販売」。

市場は成熟し一息ついた感はあるが、衣類、家電、日用品、健康食品などの通信販売は成長を続ける。

通販の中でも、健康食品をはじめ自前で作って直接売る。このパターンが一番儲かる。

なぜなら、通販がタバコ屋のように売れるシステムだから。

人は一度便利な方法を手に入れると、それを手放すことはない。やがて、生活のサイクルに組み込まれて、購入し続ける。

つまり、習慣化する。

通信販売で買うという行為は、特別なことではなく、日常の当たり前になる。まさに、タバコ屋でタバコを買うことと一緒。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

あの金融業をメインにやっているSBIホールディングスも健康食品の通信販売をやり始めましたからね。

やはり、「自分で作って自分で売る」「途中で中間マージンをとる業者を入れない」「リピート性の高いものを売る」ということが大切なようです。