みんなが気付いたら、それはもうチャンスじゃない

Pocket

塚原会長に「新事業ではホームレスを10人雇え」と言われた花岡。

花岡はホームレスがたまっている場所に行き、赤玉白玉の抽選で誰を雇うか決める。

赤玉が当たり、白玉がハズレ。しかし、実際には赤玉しか入っていない。

「最初はハズレがたくさんあるから、もう少し後で」という理由で抽選をなかなかやろうとしないホームレス達。

しかし、最初から3人連続で赤が出ると、赤しか入っていないことに気づき始める。

花岡は残りの7人はじゃんけんで決めろという。

なぜ、花岡は赤玉しか入れなかったのか?

それは、守ることを考えるやつはいらないから。ただでさえ、ホームレスなんだから守るものなんてないのに。

みんなが気付いたら、それはもうチャンスじゃない。

10人中7人はじゃんけんで選んだ理由は、「組織はまともなやつが3人いれば十分」だから。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

「みんなが気付いたら、それはもうチャンスじゃない。」って言葉にはドキッとしました。

株式投資と同じですね。。みんなが上がると思って買った時には、その株を買うのはもう遅いみたいな。。

「組織はまともなやつが3人いれば十分」というのも、実感はまだできませんが、なんとなく言っていることが分かります。