賢いアリはゾウと戦わない、ゾウの背中に乗って利用する

Pocket

花岡は世界進出プランを作成した。

中国では拠点都市へ集中的に60店舗。

その他、ソウル(韓国)、タイペイ(台湾)、シンガポール、バンコク(タイ)、インドへ30店舗。

このプランを聞いた外資系ファンドのCEOが「ここから世界へどうネットワークを広げていくかだ」と言うと、花岡は自分の世界進出に向けた戦略を次のように語る。

花や草などの小さなものは自分の力では遠くへは行けない。遠くへ行くには何かの力を利用する。鳥や風などにうまく乗れれば、遠くまで行くことができる。

そして、落ちた先で根を張れれば、そこで繁栄できる。

小さいものにとって、これが一番効率が良く確実な方法。

ただ、我が社の世界進出では、ゾウの背中に乗っていく。

かつて、大手総合商社と対決した時、アリとゾウの対決だと周りから笑われた。

しかし、知恵のあるアリなら、ゾウと戦うなんてバカな真似はしない。

賢いアリはゾウを利用する。

ゾウの背中に乗りさえすれば、のんびり昼寝をしている間に遠くまで連れて行ってくれる。行こうと思えば、どこまでも地平線の向こうまでゾウが運んでくれる。

つまり、我が社の世界進出は、アリがゾウの背中に乗り移動するように、大手総合商社のネットワークを利用する。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

アリがゾウを利用して移動するのは、レバレッジをかけると言うこともできますね。