正社員化はモチベーション向上と精神的安定をもたらし豊かな発想を生む

Pocket

株主総会で外資系ファンドに「内部留保が高く、株主に対する還元率が低い」と言われた花岡は、その理由を説明する。

内部留保が高いのは、パートやアルバイトの正社員化に向けての準備資金に使うため。

正社員化することにより、そこで働くスタッフはモチベーションが向上し、正社員化による精神的安定は豊かな発想を生む。

正社員化は必要経費は増えるが、将来的には会社にとって多大な利益をもたらすことになる。

会社にとって最大の資産は人。

人が生き生きと働くことが、我が社の成長戦略となる。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

確かに、パートやアルバイトよりも正社員の方が将来に対する不安が軽減し、精神的な安定は大きいですね。

親や親戚といった周りの視線も優しいですし。

あと、パートやアルバイトよりも正社員の方が、責任をもって仕事をしてくれます。

経費がかかる分、メリットも大きいんですね。

ただ、今の日本ではフリーランスや個人事業主といった働き方も尊重されていて、増加傾向にありますが。