一番になれば過度な競争に巻き込まれない。競争は2位以下で争っている場合が多い。

Pocket

塚原会長が花岡に「過度な競争に巻き込まれなくて済む方法」について語る。

まず、人は一番のものにしか惹かれない。二番目以下には価値を感じない。

競争というものは、実は2位以下で争っている場合が多い。

この競争に勝って1位を奪うことは奇跡的なことであり、犠牲も多い。

そうならないためには、独自のアイデアで独自のマーケットを切り開く。

自分で市場を作る。それが世間に認知されれば先駆者になれる。

誰かと一緒に走り出したら、ボート競技の発想を持つ。

ボート競技はスタートで先頭に立てれば8割方勝ったも同然。

なぜなら、ボート競技は背中に向かって漕いでいくので、先頭に立てれば常に相手の背中を見ながら漕ぐことができるから。

他のボートがピッチを上げてきたら、こちらも上げればよい。相手の出方をうかがいながら、自分のピッチを決めることができる。その結果、常に一定の距離を保ちながら前進できる。

商売は競争というが、これは大きな間違い。

商売は自分がいかに楽な競争をするか、いかに競争をしないで済むかを考えるゲーム。

そのために、誰よりも早く一番になることが大切。

ただし、世の中にはルール無視の人間もいる。手漕ぎボートのレースにモーターボートで参加してくるやつがいる。

だから、1位になっても、常に周りの動向に気を配ることを怠らないことも大事。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

「競争というものは、実は2位以下で争っている場合が多い。」という視点はハッとしました。

ランチェスター戦略でも、とにかく1位になれと言いますね。

あとは、やはり先駆者利益って大きいですよね。まさにボート競技のスタートダッシュ成功状態です。