買収防衛策としての「第三者割当による新株予約券の発行」

Pocket

外資系ファンド「サンデーキャピタル」が自社の株を大量に買っていることを知った花岡は、証券アドバイザーの牧と買収対抗策について話す。

牧は最も一般的な対抗策として「第三者割当による新株予約券の発行」について説明する。

「第三者割当による新株予約券の発行」は塚原会長にお願いするのが最も安全で効果的だが、一方的に決めて実行することはできない。

「第三者割当による新株予約券の発行」をすると発行済株式が増えるので、他の一般株主からすれば自分の持ち株の価値が薄まるということ。

当然、不満が出るので、事前に説明し、他の株主にも同意してもらう必要がある。

【起業を目指す24歳サラリーマンの感想】

新聞で「第三者割当による新株予約券の発行」と目にすることがありましたが、今までは全く何のことか分かりませんでした。。でも、やっとなんとなくですが意味が分かりました。

買収対抗策として行われることなんですね。