マネーの拳

マネーの拳

金は欲しいと思うやつにしか集まらない

出店しても利益がほとんど出ないどころか赤字になってしまう格闘技イベントへの参加を社員に止められる花岡。 そんな社員たちに、花岡は会社が使える現金1200万円ほどを見せる。 そして、会社の先行きが不安だ、経営方針が疑問だと思うやつ...
マネーの拳

市場がないなら、市場を作ればいい

格闘技イベントで自社の高級Tシャツを扱ってもらおうと大手商社の井川に取り入る花岡。 しかし、井川は「格闘技ファンはTシャツに高級感を求める人はほとんどいない」という市場調査を持ち出し断る。 花岡はそんな井川を次のように説得する。
マネーの拳

商売の原理原則の本道は「モノを作って売る」

新事業としてアパレル業をやることを決めた花岡は、塚原会長に報告に行く。 事業規模が小さく、収益性も低いアパレルを選んだことを心配していた花岡だが、予想に反し、塚原会長は「アパレル、いいじゃないか」と言う。 その理由は次の通り。
マネーの拳

みんなが気付いたら、それはもうチャンスじゃない

塚原会長に「新事業ではホームレスを10人雇え」と言われた花岡。 花岡はホームレスがたまっている場所に行き、赤玉白玉の抽選で誰を雇うか決める。 赤玉が当たり、白玉がハズレ。しかし、実際には赤玉しか入っていない。
マネーの拳

ビジネスは理詰めの世界、突発的な行動はNG

塚原会長は花岡に、一緒にビジネスをやっているノブを切れと言う。 理由は、ノブが突発的な行動を起こすから。 ビジネスは理詰めの世界。
マネーの拳

起業家として必要な資質とは「一生衰えない勘とセンス」

塚原会長が花岡に「起業家として必要な資質」について語る。 「起業家として必要な資質」、それは「一生衰えない勘とセンス」。 事業で成功して金を持つと周りの人間がチヤホヤしだす。
マネーの拳

経営はスピードが命、悠長に構えているヤツに経営の資格はない

塚原会長に1億円を投資してもらうことになった花岡。 ただし、1つ条件が。 それは、今の月10万の赤字を出している居酒屋を、2ヶ月後に純利益で30万円の黒字にすること。
マネーの拳

商売人として持つべき第一の極意とは「嘘つきであること」

塚原会長が花岡に「商売人として持つべき第一の極意」について語る。 「商売人として持つべき第一の極意」、それは「嘘つきであること」。 ここでの嘘つきとは、詐欺師やペテン師になれということではない。
マネーの拳

商売で絶対に失敗しない方法は「商売をしないこと」

塚原会長が花岡に「商売で絶対に失敗しない方法」について語る。 「商売で絶対に失敗しない方法」、それは「商売をしないこと」。 商売というのは100人やったら99人は失敗する。
マネーの拳

儲かる商売の三原則は設備投資がかからない、売上が季節に左右されない、商品のロスが少ない

プロボクサー引退後に居酒屋をはじめるが、なかなか上手くいかない花岡。 通信販売会社の会長で大金持ちの塚原に、「どうすれば、ここまで商売で成功するんですか?通信教育ってそんなに儲かるものなんですか?」と尋ねると、塚原会長は「儲かる商売の...