マネーの拳

マネーの拳

共食いを避けるために多種多様な種が花を咲かせる地上の楽園を作る

花岡の辞任を聞いた取締役や社員たちは、 ・元々、ジーンズメーカーなんて欲しくない ・Tシャツだけで十分やっていける ・ジーンズメーカー1社と社長の存在を比べたら、あまりにも不釣り合い ・社長を失って、リスクの大きい事業が残るのは...
マネーの拳

新しい時代には恐竜は生きていけない

花岡は自分が社長を辞任することを条件に、ジーンズ会社社長に買収を了承してもらった。 他の取締役や社員たちは、花岡の辞任を止めるが、花岡は次のように説得する。 恐竜の時代は終わった。 創業者とはいわば恐竜。
マネーの拳

商売をする目的は人を幸福にするため

さらなる事業拡大のためにジーンズ会社を買収することにした花岡。 しかし、大手総合商社も同じジーンズ会社を買収することに。 ジーンズ会社社長は花岡の会社には自分の会社を売らないと言う。
マネーの拳

「お前を100%信じている」は責任を相手に丸投げしているのと一緒

花岡は社内ナンバー2の大林に、ニューヨークの出店が決まったら海外部門をまかせると言う。 独立を狙っていた大林は、突然の島流しの報告に動揺する。 そして、花岡に「子会社を作って独立させて欲しい」と言う。
マネーの拳

人は戦う時こそ真の力を発揮する。戦わなくなったら組織は終わり。平和になったら企業は死ぬ。

かつて買収を巡って激しく戦った大手総合商社のネットワークを利用しようとしたり、外資系ファンドからの資金を得たりなど、敵対する相手と提携しようとする花岡。 そんな花岡のやり方に、証券アドバイザーの牧は理解できずに混乱する。 花岡は...
マネーの拳

賢いアリはゾウと戦わない、ゾウの背中に乗って利用する

花岡は世界進出プランを作成した。 中国では拠点都市へ集中的に60店舗。 その他、ソウル(韓国)、タイペイ(台湾)、シンガポール、バンコク(タイ)、インドへ30店舗。
マネーの拳

会社とは1本の川のようなもの、社内の偏狭な縄張り主義は必ず企業を滅ぼす。

会社の新規事業の営業担当を社外から来ている井川に担当してもらうことにした花岡。 創業時からいる幹部たちは反対するが、井川に決定。 ノブはいまの花岡のやり方だと、会社がバラバラになって以前から働いている幹部や社員たちが辞めてしまう...
マネーの拳

日本人はベンチャー社長が嫌い。頂点に上がれば引きずり降ろされる

ニューヨークでさらなる資金調達した花岡は、塚原会長と世界展開について話し合う。 塚原会長は、花岡の会社の世界展開について次のようにアドバイスする。 準備は早いに越したことはない。
マネーの拳

無能な経営者は、一見、信用できそうな人間を欲しがる

花岡の会社を買収することしか考えていない大手商社に勤める井川。 そんな井川を自分の会社の専務として雇うことにした花岡。 井川と一緒にやってきた秘書に「もっとお前の会社から人を引っ張ってきて欲しい。できれば、いかにも信用ができなそ...
マネーの拳

近所で一番、この街で一番、地域で一番が商売の鉄則

株主総会で大株主から中国進出反対の意見が出た。 中国進出反対の理由は以下の4つ。