マネーの拳」カテゴリーアーカイブ

共食いを避けるために多種多様な種が花を咲かせる地上の楽園を作る

花岡の辞任を聞いた取締役や社員たちは、

・元々、ジーンズメーカーなんて欲しくない
・Tシャツだけで十分やっていける
・ジーンズメーカー1社と社長の存在を比べたら、あまりにも不釣り合い
・社長を失って、リスクの大きい事業が残るのは不合理

などと言い、花岡の辞任を懸命にくい止める。 続きを読む

人は戦う時こそ真の力を発揮する。戦わなくなったら組織は終わり。平和になったら企業は死ぬ。

かつて買収を巡って激しく戦った大手総合商社のネットワークを利用しようとしたり、外資系ファンドからの資金を得たりなど、敵対する相手と提携しようとする花岡。

そんな花岡のやり方に、証券アドバイザーの牧は理解できずに混乱する。

花岡は牧に自分の考えを次のように説明する。 続きを読む

会社とは1本の川のようなもの、社内の偏狭な縄張り主義は必ず企業を滅ぼす。

会社の新規事業の営業担当を社外から来ている井川に担当してもらうことにした花岡。

創業時からいる幹部たちは反対するが、井川に決定。

ノブはいまの花岡のやり方だと、会社がバラバラになって以前から働いている幹部や社員たちが辞めてしまうことを心配する。 続きを読む

無能な経営者は、一見、信用できそうな人間を欲しがる

花岡の会社を買収することしか考えていない大手商社に勤める井川。

そんな井川を自分の会社の専務として雇うことにした花岡。

井川と一緒にやってきた秘書に「もっとお前の会社から人を引っ張ってきて欲しい。できれば、いかにも信用ができなそうなヤツを」と要求する花岡。 続きを読む