successbsns

マネーの拳

正社員化はモチベーション向上と精神的安定をもたらし豊かな発想を生む

株主総会で外資系ファンドに「内部留保が高く、株主に対する還元率が低い」と言われた花岡は、その理由を説明する。 内部留保が高いのは、パートやアルバイトの正社員化に向けての準備資金に使うため。 正社員化することにより、そこで働くスタ...
マネーの拳

士農工商、身分が一番低い商人は金の亡者で、儲ける人間は悪という価値観

株主総会で外資系ファンドが「花岡の会社はアパレル業界では群を抜いて利益率が高いのに、株主に対する還元率が低い」と言う。 そして、日本企業が投資家を毛嫌いする理由、成熟した資本主義国にも関わらず、株主をないがしろにする理由について語る。
マネーの拳

海外事業をするなら現地の生産者を豊かにして消費が増える「地産地消」

株主総会で外資系ファンドに海外事業、特に中国における展開の遅れを指摘された花岡。 花岡はその理由を次のように説明する。 正直、海外展開は面倒くさい。やりたくないというのが本音。
マネーの拳

外資系ファンドから見た日本の経営者の実態は自己保身

外資系ファンド「サンデーキャピタル」のCEOが花岡の会社にやってきた。 花岡は「お前らは、ただ単に金を儲けたいだけなんだろ」と暴言を吐く。 それを聞いた「サンデーキャピタル」のCEOは、花岡に対抗するように次のように言う。
マネーの拳

買収防衛策としての「第三者割当による新株予約券の発行」

外資系ファンド「サンデーキャピタル」が自社の株を大量に買っていることを知った花岡は、証券アドバイザーの牧と買収対抗策について話す。 牧は最も一般的な対抗策として「第三者割当による新株予約券の発行」について説明する。
マネーの拳

外資系ファンドを使った買収策。ファンドに出資し、株を買い集めさせ圧力をかけ、TOBで株を買い取る。

超薄型の新型ファスナーを搭載したTシャツを発表し、株価も上昇し、買収防衛に成功した花岡。 買収を狙っていた大手商社の井川は悔しがり、次の作戦を買収担当者と話し合う。 そして、その買収担当者は外資系ファンドを使った方法を提案する。
マネーの拳

敵対的M&Aに対する5つの防衛策。ゴールデンパラシュート、シャークリペラント、クラウンジュエル、焦土作戦、ホワイトナイト

井川がいる大手商社からの買収を防ぐために、花岡は買収防衛プログラムを作ることにした。 証券アドバイザー牧は、敵対的M&A(企業の合併・買収)の防衛策について次のように説明する。
マネーの拳

友好的TOBは経営陣の賛同を得て行われるが、敵対的TOBだと全面戦争。

大手商社の井川が業務提携の申し出のため、花岡の会社に会談にやってきた。 花岡は井川に対し「回りくどい話はやめようぜ。あんたウチの会社を買収したいんだろ?」とズバリと切り込む。 花岡は自社を売ってもいいと言い、TOBの話をする。
マネーの拳

大企業が中小企業を買収する理由は「時間を金で買う」から。

大手商社の井川が、自社の買収担当者と花岡の会社の買収の件で話し合います。 買収担当者に「買収後の花岡社長の処遇はどうするつもりですか?」と尋ねられた井川は「花岡には社長を引き続きやってもらって、現在の経営陣もそのままにして、継続性を優...
マネーの拳

金はモノを言わない、モノを言うのは人間だ

会社が上場してから、製造部門の主任・ヤエコが大企業による資金にモノをいわせた買収を心配する。 そんなヤエコに花岡は「金はモノを言わない、モノを言うのは人間だ」と言う。 たとえば、100円硬貨。